タイニーハウスピリオディカルズ

タイニーハウスピリオディカルズ|電気ガス水道を契約しないオフグリッドでDIYなセルフビルドの小屋暮らし

小屋|タイニーハウスの作り方 森のテロル DIY

[セルフビルドの小屋暮らし][入植5日目] - 土台一段目の作成 -|タイニーハウスの作り方

2019/02/06

[前回までの振返り]

・高低差の激しい笹だらけの土地を均し、便利アイテム(鋼製束)を使ってようやく水平を出した

・基礎だけはプロに任せるという人の気持を痛感した

 

[本日の作業内容]

・小屋の土台一段目の作成

ポイント:防腐・防虫剤が乾いていることを確認したら、設計図通りに建材をカットする。

※カット後の切り口にも防腐・防虫剤を塗布のこと。

 

1.土台一段目の作成


day5 (5)

day5 (6)

ホームセンターで最も安価な防腐・防虫剤を二度塗りしました。

※追記:住み始めて1年の間に3回程度、塗りやすい部分だけは防腐剤の重ね塗りをしました。安い防腐剤を使ったからか、時間経過に伴い、薄くなっていくようです。

 

用意した2×4材は、最大で12f(3640mm)の長さです。

しかしこれ一本だけでは長さの足りない辺があるので、どうすべきか考えつつ近くのホームセンター(一番近くても10kmほど離れている)へ向かい、ある便利な金具を見つけました。



day5 (4)
2×4材の接合金具(シンプソン金具)を見つけました。


大工さんやベテランのDIYerだったら、ノミなどを使って上手に加工するのだろうけど、時間もないし、今の僕のスキルではまだ無理だと判断しました。


土台は2×4材の二段構成です。

一段目は建材を寝かせて使い、二段目は立てて使う予定です。

二段目を立てて使うことで、強度が増すそうです。



day5 (2)
この頃はまだ、交差部分の斜め打ちに不安があったので、このようなL型金具を使っていました。



day5 (3)
交差部分には全てピンコロ(基礎石)を設置しました。



day5 (1)
初めての作業だったので予定通りとはいかず、本日は一段目の途中で作業終了です。


day5 (7)
作業の合間には、持ってきたカセットコンロでお湯を沸かし、コーヒー飲みました。


つづくー!

 

過去を振り返ってみて

1.小屋で暮らすようになってからしばらくして、建材の継ぎ合せなど、大工さんっぽいことをノミやノコギリを使って練習したこともありましたが、時間もかかるし大変でした。シンプソン金具は安価だし、非常に便利なので未だに使っています。

2.インパクトドライバーの斜め打ちは、頭を数ミリ入れた後に手で任意の方向に曲げてから打てば簡単です。この点に関しては、一々L型金具を買う必要は無かったと思います。

3.最後の写真に写っているホウロウの薬缶は、パキスタンのもので、当時はとてもに気に入っていました。現在は底に穴が空いてしまったので、オブジェとして部屋に飾ってあります...。

 

関連記事

[入植1日目] – 刈払い機で笹を刈る –
[入植1日目の夜] – 車中泊について –
[入植2日目] - 驚きの高低差 -
[入植3日目] – ピンコロの設置 –
[入植4日目] – 便利アイテムを使って水平出し –
[入植5日目] – 土台一段目の作成 –
[マンション編] – 穴を塞いで壁紙を張り替える為の下準備をする
[一寸休憩] – 小屋の建設にあたって
[入植6日目] - 土台二段目→床貼りまで -
[入植7日目] – 床の凸凹が気になる&一段目の壁枠作成 –
[入植8日目] - 雨降りは買い出しの日 -
[入植9日目] - 一段目の外壁と防水シート貼り -
[入植10日目- 1/2 ]二段目の壁枠作成及び外壁貼り時々雨
[入植10日目- 2/2 ]突貫工事で一気に天井を塞ぎたい!
[入植11日目] - あれ?屋根材が足りないぞ!
[入植12日目] - 大雨でも問題なし。ロフト作りに取りかかろう!
[入植13日目] - 玄関ドアとお勝手口をそれぞれ違った手法で作る
[入植14日目] - やっぱり窓を作ろう
[入植15日目] - 屋根下とドア横からの採光取り、断熱材貼り
[入植16日目] - スリランカ人に騙されたうえに地元住民に怒鳴られた話 / 《おまけ》:断熱材、内壁貼り、荷物の搬入
[入植17日目] - 荷物の搬入[入植18日目] - 猫と一緒に引っ越し[最終日] - マンション明け渡し
[総括] - 小屋を建ててみて

terrortwitter_ロゴ

-小屋|タイニーハウスの作り方, 森のテロル, DIY
-, ,