タイニーハウスピリオディカルズ

タイニーハウスピリオディカルズ|30代で脱サラして小屋暮らしに挑戦するブログ

ニテヒ生活 ネコ

いま、こんな食事をしています

2021/03/28

ネコの話の最後は、現在ツナヨシが使用しているサプリと食べているフードの紹介をしたいと思います。

ツナヨシは消化器が弱っている(膵臓が弱っている)ようなので、消化の良いフードと消化をサポートするサプリを摂っています。

ネコの話 その1 その2 その3



☑ ボジータ ダイエット&ストマック ヘラジカ グレインフリー
400グラム 1800円~
胃が敏感なネコの完全栄養食。消化性に優れたヘラジカ肉を使用。脂肪含有量も低い。スウェーデン。

☑ ハッピーキャット ベストエイジ10+
300グラム 1000円~
消化吸収に優れたフードです。脂肪含有量低め。腎臓など内臓機能の低下にも配慮。高齢ネコのための総合栄養食です。ドイツ。

ハッピーキャット、ボジータ
ボジータはツナヨシの救世主である店長さん(その3参照)に紹介してもらった消化器ケアフードです。腸内環境も整えてくれます。低脂肪・高たんぱくで、まさに消化器の弱いツナヨシにピッタリ。食いつきという点ではそこそこですが残さず食べます。

ハッピーキャットはツナヨシの好きなフードです。ツナヨシの体調が安定してきたら、(加水分解食をサブにして)このフードをメインにできたらと思っています。
一日に2回しか食べないので、なるべく好きなものを食べさせてあげたいです。
…と思っていましたが、病み上がりの食欲の無いときにこのフードだけは食べてくれたので、それ以後ハッピーキャットをメインにしています。


これまで300グラムの少量パックを購入してきましたが、1グラム当たりの価格を計算したところ、
300g ―― 3.33円
1.4㎏ ―― 2.5円
4㎏ ―― 1.78円
圧倒的に4キロパックが安いけれど、小分けにして真空パックするのが大変なので1.4キロを購入していますが、最近はミシェルも食べているので次回は4キロにしようかと思っています。

 

ボジータですが以前は400グラムパックが売っていたのですが、現在品切れ中でリンクを貼ることができませんでした。アマゾン以外のお店でしたら売っています。



☑ブリスミックス
2㎏ 4000円~
ネコが消化を苦手とするでんぷん質の多い小麦・大豆・とうもろこしなどの材料不使用。口腔内善玉菌K12や、EF2001乳酸菌も配合。

ブリスミックス贈っていただいたブリスミックスと”Kittles”というおやつ(ネコに大好評)ありがとうございます!

サンプルをあげたとき、よろこんで食べていたのでサブ食にしています。
ツナだけでなく全員のサブ食です。
毎日飲んでいる乳酸菌「H&JIN」(下で紹介しています)も配合されているので、便秘になりがちな高齢ネコにありがたいフードです。

基本的にフードのローテーションは必要ないとは思いますが、海外製品の場合、輸送の関係で入荷が遅れたり輸入そのものがストップしたりなどの不測の事態に備えて、ネコが食べてくれるフードを数種類探しておいた方がいいそうです。



☑ ロイヤルカナン 低分子プロテイン

500グラム 1400円~
消化率の高い加水分解たんぱく質を使用した療法食です。アレルギーや消化器ケアに。

☑ ヒルズ Z/D
500グラム 1400円~
同じく加水分解たんぱく質を使用した療法食です。

以前ツナヨシが食べていたメインフードです。
ロイヤルカナンの低分子プロテインは、当初は食いつきが悪くて困りましたが、一日2食にしてからは食べるようになりました(たまに残しますが)。ヒルズのZ/Dとローテーションしています。
Z/Dは独特のにおいがしますが、ツナヨシは割と好きみたい…だと思っていましたが、いつかの病み上がり時に嫌がって食べなかったので、それ以後は好きなハッピーキャットをメインにしています。



☑ FORZA10 リナールアクティブ
454グラム 1400円~
腎臓病の療法食です。酵母とオリゴ糖配合で腸にも効果的。加水分解たんぱく質を使用していて消化にも良いです。グルテンフリー。イタリアのメーカーです。

以前食べていたフードです。
腎臓ケアと消化器ケアが同時に叶う療法食。粒が小さめで高齢ネコに配慮されています。
ツナヨシも好きなフードでしたが、(一日2食なのに)残すようになってしまったので、現在はやめています。ならば他の子は…と思ったけれど、やはりみんな残しがちでした。

ちなみにうちではどのフードも、このように40-50グラム程度の小分けにして真空パックにして保存しています。



プレミアムフードを選ぶときには?

療法食やプレミアムフードは値段が高く、購入したのにネコが食べてくれない…という事態になると大変がっかりしますし、せっかくの質のよいフードが無駄になってしまうことになりかねません。

プレミアムフードはたいてい400gくらいの少量パックで販売されていることが多いのですが、それでも1000円以上はしますので、一度サンプルを取り寄せて試してみると安心です。

ネットでペットのプレミアムフードを通販しているお店を探しますと、100グラムほどのパックを200円くらいで販売してくれる店もありますし、商品を購入すればいくつかサンプルを無料で試せるお店もあります。

ツナヨシのフードを購入しているお店でもサンプルをいつも頂いています。とてもありがたいです。



☑ ベジタブルエンザイム
48グラム 1900円~
植物100%を原料にしたパウダー状の消化酵素です。消化不良を改善します。ほかにも下痢・嘔吐・アレルギー・涙やけなどを解消。


ベジタブルエンザイム

カリカリを食べるネコには必須の消化酵素です。膵臓を助けるためにツナヨシは毎食かならず食べています。のちほど紹介するビオイムバスター錠でも良いのかもしれません。バジルの香りのするパウダーですが、さほど気にせずカリカリと一緒に食べています。



☑TBA菌 酵素納豆菌 
トーラス 100ml 700円~
納豆菌由来の酵素。 生きている酵素がお腹のなかで増えてフードに含まれる穀物の消化吸収を助けます。

そういえばまだネコたちが若かった頃にこれを飲ませていました(ということをパッケージを見て思い出しました)。
今回はツナヨシの消化のサポートのために買いました。これをかけるのを待ってご飯を食べるほど気に入っていたツナヨシですが、二本目を買ってすぐのある日を境に拒絶するようになってしまって、開けたての納豆菌酵素が冷蔵庫に眠っています…。
(現在はベジタブルエンザイムを飲んでいます)

(追記)寝かせておいても勿体ないので、飲み水にいれています。現在3本目!



☑ H&JIN
30包 2200円~
EF2001乳酸菌パウダーです。1包につき約2000億個の乳酸菌を配合。腸内環境を整えます。また乳酸菌が腸内でアンモニアや窒素などの毒素を取り込むので腎臓の負担を軽減できます。


乳酸菌JIN
便秘のクロのために用意しましたが、ついでにほかの子にも与えています。一日一回、一包をみんなで分けます。クロは多めに。




☑ ビオイムバスター錠

共立製薬 100錠入り 3000円~
膵液由来の消化酵素が消化を助けてくれます。乳酸菌も配合されている整腸剤です。

ビオイムバスター錠
錠剤のままだと食べなかったのに、すりつぶして粉状にしてフードにかけたら喜んで食べるようになりました。ひと箱で50日分あるので惜しみなく使えます。



☑ ボミットバスター錠
共立製薬 100錠入り 3000円~
強力に吐き気を止める薬ですが、消化器の運動異常を改善して嘔吐や食欲不振等の症状を和らげる薬でもあります。

ボミットバスター錠

ネコに規定量与えると興奮状態になってしまう子もいるようですので、ツナヨシは少な目(1/4錠)にしていました。この錠剤を割るために買ったピルカッターがとても便利でした。

ピルカッターと乳鉢。乳鉢はビオイムバスター錠を粉状にするために使っていました。



☑電解質サポート
ロイヤルカナン 29グラム 299円~
嘔吐や下痢など、水分と電解質の補給が必要なネコ(イヌも)のための電解質飲料です。

ツナヨシには必須のアイテムです。
嘔吐してしまった後には、置いてあるすべての水のみボウルの水を電解質サポート水に入れ替えます。
また、嘔吐後に体調不良で飲食できなくなってしまったときにはシリンジで飲ませるようにしています。
少量作る場合は2.5-3グラムのパウダーを50mlのぬるま湯で溶いて使っています。が、万が一大量に作ってしまっても、24時間冷蔵庫で保存できるので無駄にはなりません。
A/D缶をシリンジで与えるときもこれを少量混ぜて流動食のようにしています。



腎不全だと診断されてからツナヨシが使用していた薬やサプリです。

☑ スリッパリーエルムバーク
29.5ml 2900円~
北米ニレの内側の樹皮から作られたリキッドのサプリです。消化器官の粘膜を保護します。

腎臓病の胃酸過多からくる吐き気(だと思っていた)と、嘔吐で荒れた食道をケアするために飲ませていました。数滴をフードにかけると気にしながらも食べてくれました。腸内環境を整える効果もあります。



☑ ネフガード
共立製薬 50本入り 2200円~
活性炭が老廃物を腸管内で吸着して便と一緒に排出させます。顆粒と錠剤があります。

ネフガード

フードにかけて与えたかったため顆粒を選びました。
まっ黒な砂のような薬です。無味無臭なのであまり気にせず食べてくれました(あごの下が黒くなりますが)。
吐物も黒くなります。
腎臓病の吐き気のある子には効果的とのことですが、ツナヨシの症状には効果がないようでしたので数回嘔吐したあと止めています。



以下は病院から処方された錠剤を飲ませるために買いそろえたものです。
ツナヨシは薬を飲ませるのがとても難しかったため、いろいろ補助的な器具を試しました。

☑簡単な投薬方法
錠剤で、粉末にしても大丈夫なものは、乳鉢などで粉状にして少量のハチミツ(または練乳)と混ぜたものを、ネコの鼻の下の辺りに擦り付けると驚くほど簡単に投薬ができます。
もちろん鼻の下に付ける際は嫌がりますが一瞬で終わりますし、付けてしまえばあとは勝手に舐めてくれるので、お互いのストレスも少ないと思います。(…という方法を、ずいぶん後になって知りました。もっと早くに知りたかったです)



☑ピルガン
注射器のような器具の先に錠剤をはさんで、口の奥に差し込むための道具です。
先端部分はシリコンのキャップがついているので、口内を傷つける心配はありません。

口の奥の方まで差し込むのが怖かったです。喉を突いてしまうのではないかと思って。
結局指で錠剤をつまんで、のどの手前目がけて落とす方法の成功率がいちばん高かった気がします。
使いこなせるようになれば、便利な器具だと思います。



☑シリンジ
水に溶いた粉薬や、強制給餌のさいに使います。
針のない注射器のようなものです。

小さいほうのシリンジは、病院でもらったもので2.5ml。
大きいほうは、上で紹介したピルガンに付属してきたもの。10ml。

ツナヨシに電解質サポートを飲ませるときと、A/D缶を強制給餌するときに使います。

電解質サポートは、2.5mlのシリンジを使って一度に4回ほど(10ml)飲ませます。それを一日に4-5回やります。
強制給餌は10mlのシリンジで行います。とても嫌がります。

シリンジのゴムの具合と手に収まる具合と、ツナヨシの歯の隙間から口の中に入れやすい点で、小さなシリンジばかり使っています。



☑耐酸性カプセル(腸溶カプセル)
胃酸で溶けにくく、腸で溶けるように作られた空のカプセルです。乳酸菌などの腸まで薬を届けたいときに使います。

病院から処方された吐き気止めのPPI(オメプラゾール)を投薬するために購入しました。(薬についてはその1参照)

オメプラゾールは腸溶剤のため分割・粉砕してはならないのですが、病院からは1/2に分割したものを処方されたため、薬の効果を得るために耐酸性カプセルに入れて投薬していました。

カプセルをハサミでカットして、できる限り小さなカプセルに作り直す作業がとても大変なうえ、投薬自体の難易度も上がった気がします。

喉に張り付かないように直前にカプセルを水に潜らせてから投薬するのですが、ツルッと滑るし、それでツナヨシもペッと吐き出してしまうしで、毎回大騒ぎでした。

amazonのリンク先はNo1というサイズのカプセルですが、これはさすがに大きすぎるので、No3を使っていました。
それでも若干大きいです。
胃で溶ける普通のカプセルでしたらNo4,No5など、より小さなサイズがありますが、耐酸性カプセルではNo3が一番小さなサイズのようです。



☑ピルポケット
グリニーズ 約30個入り 1130円~
ペットに薬を与えるための投薬補助トリーツです。


写真がなくて恐縮なのですが、柔らかなキャラメルのような物体の中にくぼみがついているので、そこに錠剤を入れて包んで、ネコにおやつのようにして食べてもらうというアイテムです。
約30個入りですが、一粒がかなり大きいので、1/3~1/4サイズにちぎって使いました。

ツナヨシは見向きもしませんでした。

おそらくですが、普段からウェットフードなどの柔らかな食べ物を好んでいるネコなら大丈夫なのではないでしょうか。
ツナヨシのようなカリカリしか興味のない子に食べさせるのは難しいような気がします。

小さなときからウェットを食べる習慣をつけておけばよかったです。
まさかこんな弊害があるとは…。



☑さいごに
ヨーロッパか北欧だったか、その辺りではネコの食事は、ひとつのお皿にカリカリと少量のウェットをトッピングしたものを与えるのが最近のスタンダードになっているそうです(記事を探したのですが見つけられませんでした)。

ご存じのように日本に比べてヨーロッパやアメリカ、UK、カナダ、AUSなどの世界の国々では、ペットに対する考え方や接し方、食事に関してもヒューマングレードの素材を使用するよう法整備がなされているなど、ずいぶんと進んでいます。

ネコと暮らしはじめてすでに10年以上が経過した今頃になって、食事の質の大切さにようやく気が付きました。

手遅れになって後悔する前にこうして食生活を改善することができてよかったと思っています!

 

-ニテヒ生活, ネコ