Archives

夏休みの終わるとき

2016/06/22

《 2015/03/31更新の記事に[加筆修正&写真の差し替え]をしました 》



旅の中で印象的だった言葉の中に、

「夏休みも今日でオシマイ」

というものがありました。

それを言った彼の「旅」とは子供の頃の「夏休み」に通ずるものがあったのだろうと思います。
開放的でスリリングで、夜眠るのが勿体無いほど楽しい毎日。

夢のような日々が終わるのだから、それは寂しいことだろうと思います。僕にもその気持は分かる気がします。

でも、旅の中で得た成功や失敗は自信となって還元されるように思うことがあります。
だから僕の旅の終わりはいつだって、これから始まる日本での生活もきっと上手くやれるはずだと前向きだったように思います。

何が言いたいのかと言うと...

4月から現金収入を得る為に誰かの為に働かなくてはならなくなりました。

暖かくなって来ると、都会から沢山のお客さんが僕の住む村?町?に押し寄せます。
沢山遊び、沢山お金を落として行きます。まぁ、ありがたいことだと思っています。

去年お仕事を依頼してくれた方が、今年もどうしてもお願いしたいというのだから、ありがたい話ではあります。

軽トラも欲しいことだし、夏が終わるまでふんどしを締め直し、(※もちろん比喩です)頑張ろうと思うに至りました。

その為、今後の「森のテロル」は不定期更新となります。

※僕の中ではひと区切りついたような心境です。


【最後に】

このままでは写真のない、寂しい更新となってしまいそうなので、僕の古くからの相棒(Canon EOS 10D)との共作をご覧いただこうと思います。

last
[06/NOV/2014]

[夏休みの終わるとき]

f値:5.6
露出:30秒
iso:800
焦点距離:17mm

 

-Archives
-,