タイニーハウス

[入植9日目] - 一段目の外壁と防水シート貼り -

2016/06/08

《 2015/02/18更新の記事に[加筆修正&写真の差し替え]をしました 》

 

[前回までの振り返り]

作業を始めて早々に雨足が強まってしまった。雨の日は買い出しに使いましょう。
ホームセンターを梯子をして何とか建材を揃えることに成功した

[本日の作業内容]

1.外壁を貼る
2.外壁に防水シートを貼る


本日も生憎の空模様。

今日は東京で待つネコ達の事が気掛かりになって来たので少し早めに帰りたい。
切りの良い所まで終わらせたいなぁ等と考えながら建設地へ到着。

あれ、何かがおかしい。

昨日雨対策にと、立ち上げた壁枠にブルーシートを掛けたのだったが、そのブルーシートの一角が雨の重みで、大きくたわんでしまっている。

予想していなかった景色に、すこし笑いそうになる弛んだ気持ちをグっと引き締め足早に現地へ向かう。

・・・床ビショビショじゃん...

ブルーシートを張り直し、大急ぎで床に溜まった雨水を雑巾で拭き取っていく。
手が冷たくて、建材諸々グズ濡れで、そうこうしているうちにテンションガタ落ちで...

床とか塗らしたらカビたり腐ったりしちゃうのかな?
良く拭いたから大丈夫じゃないの?

会話も何だか暗くなってゆく。


1.外壁を貼る

雨が降っているからと作業を休む訳にはいかない状況。

day9 (5)

暖かいコーヒーを飲んだら作業再開。


ある程度買い溜しておいた合板(1820mm×910mm)を外枠にあてがい、コーススレッド(65mm)で止めていく。

壁枠作りや、壁枠を床に接合していった時に思ったのですが、どうもインパクトドライバーの電池持ちが良くありません。

素人が故にものの良し悪しが分からず、安いインパクトドライバーを買ってしまったことが裏目に出たようです。
直ぐにバッテリーが無くなってしまうので、作業が捗りません。

予備電池も買い足して合計3つ、バッテリーを用意していたのですが、それでも直ぐに使えなくなってしまう。

※2016年5月追記:安いインパクトドライバーの充電池は[リチウム電池]ではなく[ニカド電池] でした。どんなインパクトドライバーを買うにしても、特に電池の種類には気を付けた方が良いと思います。

僕にとって、インパクトドライバーは一番使う工具となりました。
その為、少し立派なものに買い替えました。


仕方がないので、車のエンジンをかけ常にインバーターで充電しながらの作業となりました。

外壁(12mm厚の合板)を貼る際、ズレてしまうと次に影響が出てしまうので、慎重に貼り進めていると、どこか近くから「ザー、ザザッ、ザッ」聞きなれない音が聞こえてきました。

手を休め目線を上げると、なんとまた雨の重みでブルーシートがたわみ、支えきれなくなったシートからは雨水が流れ出し、床を広範囲に濡らしていたのです!!

インパクトドライバーを床に置き、軍手を投げ捨て、急いで雑巾を掴み床を拭く。

「床を濡らしたら黴が生える。床を濡らしたら腐り落ちる...」

根拠の無いネガティブな感情が吹き出して来る。


落ち込んではいたものの、時間が経過するにつれ雨足は衰え青空が広がり出した。
急に光りが差し込み、辺りの草むらに付着している水滴はその日差しを乱反射させた。

まだ壁の貼られていない開口部は大きな窓ガラスのはまった部屋のようで視界が広く、僕は呆気にとられてしまった。

day9 (4)

俄然壁貼りにも力が入った。

壁枠が上手く出来ていたので、カットする必要の無い壁貼りは気楽でした。
壁が貼られていくにつれ、目前の景色は閉じていく。

自然と目線は上に向けられる。

day9 (2)

上空の写真

見上げた景色を美しいと思った。


2.外壁に防水シートを貼る

また雨に降られて、貼ったばかりの合板を濡らしたくはありません。
直ぐさま防水シートを貼っていくことにします。

シートの貼り付けにはタッカーという、まぁ、ホチキスのようなもので止めていきます。
壁を伝う雨水が防水シートの内側に入り込まないよう、下部から順に貼って行きましょう。

day9 (1)

グルっと防水シートを貼り終えたところで、本日の作業は終了!

と、思ったが、まだ天井が無い状態。

不在の間にまた雨に降られたらどうしよう。
今あるサイズのブルーシートを被せただけではどうにも心配でした。

そこで壁枠の上部に12fの長さの2×4材を並べ、その上に昨日買った屋根材を乗せてみました。

これで雨でも安心出来そうだ。
それになんだか急に家っぽくなった気がした。

day9 (3)
猫がいなかったら、こんな平屋っぽい家にしていたかもね?


マンション引き渡しまで残り[21日]

[過去を振り返ってみて]

1_1天井にブルーシートを被せ、ズレないように適当な材を重石代わりとしていたが不十分だった。
タープを張る要領で、ブルーシートの端にロープを結び付けピンと張り、地面や木々に縛り付ければシートがたわむことはなかったかもしれません。

この時はまだアウトドア経験に乏しく、そのようなアイディアが出てくることはありませんでした。

1_2合板や野地板に関わらず、無塗装の材だと確かに痛んだり汚れたりするのは早いです。
でも、少し濡れたくらいで直ぐに黴たり腐ったりはしません。
しっかり拭いて乾燥させれば大丈夫です。

雨漏りなんかで常に濡れた状態に晒されていれば、それはもう、黴びたり腐ったりしてしまうと思いますが...

1_3壁を貼る際のコーススレッドの打ち込む間隔ですが、この時は何も知らなかったので広いところでは300mm以上の間隔があったように思います。

後に知り合った方の話だと、その人は100mmピッチで打つ必要があると言っていました。
補強出来るところは今からでもやった方が良いのかもしれません。

皆さんはくれぐれも下調べをしてから作業しましょう!

 

関連記事

[入植1日目] – 刈払い機で笹を刈る –
[入植1日目の夜] – 車中泊について –
[入植2日目] - 驚きの高低差 -
[入植3日目] – ピンコロの設置 –
[入植4日目] – 便利アイテムを使って水平出し –
[入植5日目] – 土台一段目の作成 –
[マンション編] – 穴を塞いで壁紙を張り替える為の下準備をする
[一寸休憩] – 小屋の建設にあたって
[入植6日目] - 土台二段目→床貼りまで -
[入植7日目] – 床の凸凹が気になる&一段目の壁枠作成 –
[入植8日目] - 雨降りは買い出しの日 -
[入植9日目] - 一段目の外壁と防水シート貼り -
[入植10日目- 1/2 ]二段目の壁枠作成及び外壁貼り時々雨
[入植10日目- 2/2 ]突貫工事で一気に天井を塞ぎたい!
[入植11日目] - あれ?屋根材が足りないぞ!
[入植12日目] - 大雨でも問題なし。ロフト作りに取りかかろう!
[入植13日目] - 玄関ドアとお勝手口をそれぞれ違った手法で作る
[入植14日目] - やっぱり窓を作ろう
[入植15日目] - 屋根下とドア横からの採光取り、断熱材貼り
[入植16日目] - スリランカ人に騙されたうえに地元住民に怒鳴られた話 / 《おまけ》:断熱材、内壁貼り、荷物の搬入
[入植17日目] - 荷物の搬入[入植18日目] - 猫と一緒に引っ越し[最終日] - マンション明け渡し
[総括] - 小屋を建ててみて

terrortwitter_ロゴ

-タイニーハウス
-, ,